体の声に耳を傾ける~乳がんにならないためにできること~

昨年34歳という若さで亡くなられた小林麻央さん。あれからもう1年もたつのですね。

乳がんを患っていると公表されたとき、すでにかなり進行している様子でした。ブログも拝読していましたが、進行して骨・肺転移もあると聞き、残された時間が短いと思わざるをえませんでした。

乳がんは早期に発見できれば生存率も高めで、再発もなく過ごされている患者さんも多くいるがんです。しかし若くして発症した乳がんは進行がとても速く、転移してしまうと一気に治癒率が下がってしまいます。

かつて勤めていた病棟でも30才前後の若い乳がん患者さんが多くいました。当時新人薬剤師だったバーサはそう年も変わらない、キレイなお姉さんたちががんを患って死に向き合っているという現実にショックを受けたものです。

この年代の女性は結婚や妊娠出産を控えていたり、幼い子供を育ているなど、人生で一番「死ぬわけにはいかない」と感じるライフステージにいます。たとえ早期のものでもいったん発症してしまえば、自分だけでなく家族全員に大きな影響がでるのを避けられないでしょう。

授乳中のお母さんでも油断できない!

乳がんの発症リスクになる因子は大分わかってきています。月経が始まる年齢が早かったり、出産経験がない、授乳していないなど、女性ホルモンに長くさらされるとリスクが上がると言われています。

このため未婚女性や高齢出産の女性で乳がんリスクがあがる!と騒がれるのですが、実際の現場では30~40代くらいで2児3児の母、母乳育児もしていたという患者さんもいらっしゃいます。前述の小林麻央さんが乳がんと診断されたのも、2番目の子の授乳中のことだったといいます。

一般的に授乳中には、乳がん検診は行われません。授乳中は乳腺が発達して密なため診断しにくく、かつ授乳期にはがんが進行しにくいといわれているからです。

当時授乳中で、卒乳したら乳がん検診もしないとな~とのんびり考えていたバーサは、同年代で同じ年ごろの子供を持つ小林さんの、授乳中の乳がん発症に大きな衝撃を受けました。

「授乳中なのに乳がんになるなんてことあるの?!」と気になり調べてみると、少数ながら症例はあるようです。大学病院でがん治療に携わる夫の話でも、「たまにいる」という程度だそうです。

医療の常識というのは、時として盲点を生みます。小林さんも初回検診ではがんと確定診断されず、結果的に発見が遅れて進行してしまったようです。医師の側にも「授乳中はまず大丈夫」という予断がなかったとはいえない事例でしょう。

どうにも他人事に思えず、幼くして母と死別したお子さんたちのことが気になってしまいます。賛否あるようですが海老蔵さんが家族の近況をつづってくれるのを見ると、子供たちが自分なりに母の死を乗り越えていこうとしている強さが感じられてうれしい。たくましく育ってほしいな、と陰ながら応援しています。

乳がん検診をうけてみよう

バーサも昨年卒乳がおわり、半年以上たって乳腺が落ち着いたようなので、先日人生初のマンモグラフィを受けてきましたよ!

マンモグラフィは乳房を板ではさんで薄くし、放射線をあててしこりを写す検査です。痛いと聞くし医療被曝もしますので、必要以上にやりたくないと今までは思っていましたが、最近よく胸部や脇に痛みを感じることがあるため、今後のリスク管理にとがんばりました。

昔に比べると格段に機器の精度は上がっているそうです。板ではさまれたときは引っ張られるような感覚があるものの痛いというほどではありません。放射線量は海外旅行往復分程度でしょうか。これで「私もやったことありますが、大丈夫ですよ」といって勧められるな、と思いました。

脇なども超音波エコーで診てもらいました。妊婦健診でおなじみのジェルをぬって、超音波のプローブをあててゆっくり影をみていきます。私が行ったところでは、医師とともに患者さんも画像を見れるところでしたから、私もじっくり自分の体の様子がみれてとても参考になりました。

素人目にもしこりらしきものは見当たりませんでした。これでしばらくは子供たちと健康に過ごせそうで、一安心です。

先生曰く、胸に痛みがでる場合よりもしこりが触れる場合の方ががんである確率が圧倒的に高いそうです。毎日しこりのチェックをして、気になったら早く受診する。これに限るとのこと。

乳がんとダイエット

自分で気を付けられる対策としては、やはり食生活を中心とした生活習慣の改善でしょうか。

高脂肪で食物繊維の少ない食事をとり、便秘傾向があることも大きなリスクです。コレステロールは女性ホルモンの材料になるためでしょう。食物繊維は余分な脂肪や毒素を排泄してくれるもの。少ないとやはり腸内環境を著しく乱します。

とくにダイエットによる栄養バランスの乱れには要注意です。若くして発症した患者さんの多くはダイエット経験者。すらりとした細身の体型の、色白の(というか貧血気味で顔色が悪い)方が多いです。

それでいて乳製品やパン、パスタ、お菓子などの「おいしいもの」が好物。ダイエットで3食しっかり食べずに、間食にこういったもので済ませてしまう人は気を付けましょう。

太る原因は、食事だけではありません。でも、てっとり早く痩せることができるので、食事だけでダイエットしようとする人が後を絶ちません。

運動も大事。メンタルケアも大事。腸内環境が大事。そして意外と知られていないけど骨盤の状態も大事。骨盤が閉じると勝手に痩せていきます。

無理して体に負担をかけ続けていれば、やせたキレイな体どころか不健康を呼び込みかねないと心しておくべきでしょう。

整体的な乳がん予防法

これは野口整体の関連本に記載があった話ですが、肩の付け根から乳房にかけての部分にこわばり(硬結)がある人は、乳がんになりやすいんだそうです。胸の緊張が強くて肩が内側に入っている人、背中が丸まってあごが前に出気味な人などに多いです。

胸が緊張する原因は、主にストレス。そして情報過多だといいます。たくさんの自分に有害な情報をシャットアウトするために、アンテナである胸部の中心を引っ込めるような体勢をとってしまうんですね。

バーサもここがけっこう硬いので、よく自分で愉気してゆるめるようにしています。手をあててゆっくり息をしていると、じんわりゆるみます。

ここがゆるむと、自然に気持ちもゆったりしてきます。そして、丸まっていた背中も伸ばしやすくなります。ただ姿勢を正すのは大変ですが、前に引っ張る力をとってあげると、背すじを伸ばしている方が気持ちよくなって、自然と姿勢もよくなりいいことずくめです。

あらゆる病気は、身体の中に蓄積した「無理」が表に現れたものだと思うんです。「無理」に耐えられる許容限界は人によって違いますが、小さな負担のうちに気づいてケアしてあげられるかがカギになっているような気がします。

夫も、合わずにずっと負担になっていた仕事を変えることになりました。元々エネルギーが多い人なのに自分を押し殺して消耗しつづけている姿をずっと心配していましたので、今回の決断には本人よりバーサの方がほっとしたくらいです。

しかしバーサ自身はまだ体のあちこちに「無理」が溜まってしまっていて、中々それを取りのぞくことができない状態です。もどかしい!

病気に化ける前に、これを取りのぞいて再び気を巡らせることが当面の目標になっています。幸せは健康から。それも、自分だけでなくともに今を生きる周りの人全ての、です。

体はいつでも健康に生きたいと叫んでいます。その声に、いつでもちゃんと耳を傾けてあげたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク