しあわせ、ひろがる

小学校からの友人に、妊娠報告をうけました。

昨年結婚したときから子供が早くほしいと言っていたので、待望のおめでたに感慨もひとしおです。

数年前に再会したとき、彼女は昔と変わらず美人さんで気立ても優しいすてきな女性になっていましたが、自尊心が妙に低いという弱点がありました。(私も人のことをいえる立場じゃないのですが^^;)

相手が自分を思ってくれているかすぐに不安になってしまうクセがあって、相手を信じ切れず関係がうまくいかないーーそんな話を幾度もきき、そのたびに私は、彼女が自分で思っている以上にいかに素敵な人かを説得するというやりとりがくり返されたのです(笑)

不思議なもので、私の言葉をするりと吸収していくように、会うごとに彼女は本来の自信を取り戻して、輝きを増していきました。

当初は出会いがないのはいい男がいないからだなどと言っていた彼女ですが、凝り固まった思い込みを解いて人のいいところを見るようになれたこと、自分から動いて新しい関係を広げていくことで、自然に自分が一番大切にしたいと思える相手を知ることができるようになっていったのです。

人は、他者からの承認の言葉を求めます。アドラー心理学では承認要求を否定的にとらえますが、実際に自尊心を取り戻していく過程では承認が入り口になっているケースが多いと私は感じます。もちろんそれに甘んじていてはいけませんが、彼女は今では私の承認に依存せず幸せをつかんでいるのだから、うまく次の段階へ進むことができたのだろうと思っています。

結婚に至るまでの間にもずっといろいろな相談をうけていたので、順調にしあわせに向かっていく姿が見れてとても嬉しい。今年は長野在住時からの友人からもおめでた報告をうけたし、ちょっとしたベビーラッシュの様相です。

親しい人たちがしあわせであると、自分にもしあわせを運んできてくれるような気持ちになりますね。春はすぐそこです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。