健康は足元から

1年間愛用していたスリッパを捨てました。

シューマートで買った、足裏の形に凹凸がついている室内用スリッパ。毎日履いているうちに底がすり減ってしまい、斜めに傾斜がかかってしまっていたようです。

買って間もない頃は足裏にフィットしてとても履きやすく、長時間の立ち仕事でも疲れにくくなったので重宝していましたし、デニム地で見た目がカジュアルなところもお気に入りでした。

でも先週突然、夫が「あのスリッパはもう捨てた方がいい」と言ってきてびっくり。どうやら夫が試しに履いてみたら、外側が異常にすり減っていてとても履きにくく、このままでは私がO脚になってしまうのでは、と心配してくれたようです。

お気に入りのアイテムだったけれど買って1年、毎日使ったし、経年劣化も仕方がないかな、と買い替えを決意。決めたからには潔くスパッと処分することにしました。

そこで、次も先代と同じスリッパを買うか、別メーカーのものに変えるか悩んでいます。

先代のものは先述の通り履き心地はよかったけれど、へたってきたことに気づかず履いているうちに、むしろ身体を疲れやすくゆがませてしまっていたようですし。足は体全体を支える土台ですから、もっと安定性の良い機能的なものがあるんじゃないだろうかと思うんです。

今は健康サンダルにもいろいろあって、重心を前におくものや、その逆に後ろにおくもの、いぼいぼが天然石でできているもの、ツボの場所にいぼいぼがついているもの、足裏のアーチに沿っているもの、etc…本当に、探せば際限なく種類があるようなのです。

くつと違って室内サンダルはシューズ売り場でもあまり力を入れていない場合が多く、あまり多くの種類をおいているお店は少ないです。ネットの方が当然種類が豊富ながら、試し履きすることはできないので選ぶのが難しい。

以前、夫がひいきにしている長野のトレイルマウンテン用品店に行ったとき、出されたサンダルが特殊なもので、今はそれを探しています。

たしか、底がフラットではなく、ゆらゆらと重心を自分で移動させることができるタイプのものでした。人間は、自分が一番ラクに立てる重心が、一番負担の少ない重心になるようです。

そのときもいいなと思ったけれど、残念ながら結構な金額の品だったような覚えが^^;確かめてみたいので、今度長野に行く機会があったら寄ってみてこようかなと考えています。

とりあえずそれまでの代用品として、山のテントではくルームシューズを履き始めましたが、驚いたことに…完全フラットの状態なのに、内側へ傾斜を感じるようになっていたんです!

ここしばらく外側が減って斜めになったスリッパの状態を「ふつう」と身体が思い込んでいたようです。おそろしい!!!たしかにこれは早急な買い替えが必要な状態でした。

気づいてくれた夫の愛に(笑)感謝です。そして1年間がんばって私の体を支えてくれていたスリッパ君、おつかれさまでした。ありがとう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。